脱サラして、プラモデル屋さんになってみる。

脱サラしてプラモ屋を起業する男の、趣味と奮闘の記録。

2019年8月~2020年1月迄の進捗状況【その1】

こんにちは~。

 

山形県米沢市に、模型制作スペース付き模型店「ホビースペース・コントラポスト」を開業準備中のケケサンです。

 

前回のブログから、ずいぶんと間が空いてしまいました。

その間も、開店準備を継続しており、2020年1月末の現在も続いております・・・。

 

そこで、ブログ上で空白となっている期間に付きまして、進捗をまとめていきたいと思います。

 

【2019年8月】

IKEA仙台にて、自分やお客様の作品を入れる為のガラスケースを一台追加で購入。

これで、同じガラスケースが二つになりました。

f:id:KKSAN:20200130203603j:plain

これで、ガラスケースが二つに

位置的にも、制作ブースの壁になる場所になり良い気がしたので、この制作ブースと売り場を仕切る壁を、2×4材とプラダンで作成しました。

 

これも、基本黒く塗ってます。

f:id:KKSAN:20200130204122j:plain
f:id:KKSAN:20200130204139j:plain
お得意の2×4材での製作です
f:id:KKSAN:20200130204227j:plain
f:id:KKSAN:20200130204239j:plain
完成。こんな感じで仕切りが出来ました

 

次に、商品を置く為の什器(商品棚)の製作に手を付けました。

完成品の什器購入も検討したのですが、ここはある程度安価な物でも問題無いと判断。

 

そこで、IKEAのIVAR/イーヴァルという、棚板とサイドユニットを組み合わせて、自分で組み立てる商品を使用することにしました。

 

これも、黒に塗装しています。

天板は、塗装後にヤスリで表面をヤスって、拭き掃除の際に雑巾が引っかかるのを軽減しました。

f:id:KKSAN:20200130205058j:plain
f:id:KKSAN:20200130205242j:plain
棚作りの開始です
f:id:KKSAN:20200130205354j:plain
f:id:KKSAN:20200130205455j:plain
この後も、棚は増えたり減ったりしていきました

 

棚については、この後店舗レイアウトで紆余曲折し、位置を変えたり、数を変えたり、可動式を作ったりと、かなり変化していくことになりました。

f:id:KKSAN:20200130205943j:plain
f:id:KKSAN:20200130210405j:plain
可動式の棚と、2019年8月末の店舗外からの様子

 

棚作りが一段落した後、共用のゴミ箱を制作ブース脇に設置したのですが、 ぱっと見寂しい感じがしたので、ゴミ箱を囲う箱を作製することにしました。

f:id:KKSAN:20200130211348j:plain
f:id:KKSAN:20200130211719j:plain
ぱっと見シンプルすぎ。大まかな設計図を落書き

 

ざっくりとした設計図を書いてから、材料を買い出し、組み立て。

ゴミ箱を載せる板にはキャスターを付け、引き出せる様にしています。

そして、やはり黒く塗りました。

f:id:KKSAN:20200130212217j:plain
f:id:KKSAN:20200130212236j:plain
単純な箱組みで作製してます

 

f:id:KKSAN:20200130212935j:plain
f:id:KKSAN:20200130212949j:plain
黒く塗って、完成
f:id:KKSAN:20200130213529j:plain
f:id:KKSAN:20200130213549j:plain
仕上げに、ゴミ箱にプラと可燃ごみのステッカーをぺたり

これで、ゴミ箱が完成しました。

 

以上が、2019年8月の大まかな進捗になります。

大工仕事ばかりしてましたねぇ。

 

今回はここまで。

次回【その2】では、2019年9月以降の進捗について記載していきたいと思います。

 

では~(´▽`)